駆け出しプログラマーの備忘録

異業種から訪れたIT業界について赤裸々トークを繰り広げる予定!                                 あ、私はプログラミングとは無縁の人生を送ってきたクソザコ野郎です٩( 'ω' )و

駆け プロ

#9 文系からIT業界

f:id:momotaroch:20180409113216j:plain

 

文系からIT業界

 

文系からいきなりIT業界に進もうと考えている人なら誰しも悩んだことがあると思います。

 

そう、

実際にやっていけるのかどうか。

 

実際に私自身はまだ体感していませんが、

体感する以前に色々と不安を感じます。

 

色々調べてみたのですが、

一番安全策はSEとして働くことです。

 

SEに関して言えば会社によりけりですけど、

プログラミングを行わない工程(のよう)です。

 

f:id:momotaroch:20180409113814j:plain

プログラミング未経験でも文系にこそSEをおすすめする6つの理由 | Tech2GO

 

 

全てを鵜呑みするのは危険ですが

このような場合もあると認識しておくことでだいぶ不安も緩和される気がします。( ´ ▽ ` )

 

 

プログラミングをしたい文系の方はどうすれば良いのか

 

私はこの部類になります。。。 

上記の記事内にも書かれている通り、

SEの仕事をする中でプログラミングを覚える機会は異業種に比べ比較にならないほど頻繁に訪れるわけです。

 

その中で自らキャッチアップし、技術を磨いておく。

 

そうすれば、いずれ「やっぱりプログラミングしたいな」と感じた時に

転職すれば良いのではないでしょうか。( ・∇・)

 

要は無駄な期間ではないという結論になりました。

 

これは私の見解であり、他の意見もあると思いますが、

このように考えることで希望していないSEになったとしても

モチベーションは保てるような気がします。

 

SES事業を展開している会社に入社後、

プログラマーになりたいのに希望していないSEになってしまった。

 

そんな時に希望していないからダラダラと仕事をするのは間違いかなと。

 

そう感じた働く以前の私です。(´-`)

 

プログラマーとして働きたいのであれば、

ある程度キャッチアップしプログラミングができるようになっておくこと。

 

学ぶのに遅いはない

 

プログラミングを触っている文系の方で、

文系コンプレックスを抱えている人が多いのではないでしょうか。

 

それは、数学ができない、理系の大学に進んでいない、

といったIT業界の決められたルートではないからです。

 

アメリカでは、IT業界に進むのであれば、

ほとんどが理系大学出身から出ないと厳しいようです。(もしくは無理。。。)

 

しかし、日本だと文系出身からでもIT業界に転入可能!

 

だとすると、少し希望が見えてきません?

 

ちなみに私は、、、

大学を出ていませんし

(そもそも大学に進んでいない・・・)

 

高校で数学をほっぽり出していました。

(万年赤点・・・)

 

 

だからこそ今から勉強して力をつけるべき!

勉強やプログラミングを始めるのに遅いはありません。

さすがに、昔から勉強されている人にすぐ追いつける訳ではありませんが

続けることで差を縮められるはず!です・・・。

 

 生まれながらに才能のある者は、
それを頼んで鍛錬を怠る、自惚れる。
しかし、生まれつきの才能がない者は、
何とか技術を身につけようと日々努力する。
心構えがまるで違う。
これが大事だ。

  

これは織田信長の言葉です。

少しでも不安を感じている方は、

悩む前に手と頭を動かし勉強しましょう!(特大ブーメラン・・・)

 

まとめ

 

こんなやつがIT業界に進もうとしているのであれば少し自信が湧いてきませんか?笑

 

自分よりアンダーグランド的なやつが何を言ってるのか、と思っていただいてOKです!

それで救われるのなら、私はマリア様になります。(?)

 

と、言ってもIT業界でまだ働いていませんので全然参考にならないかもしれませんが。笑

 

「全然知らねえやつが何を言ってるんだか」

そう感じた人も、アンチコメント残してくだされば勉強になります。(ドM?)

 

何があるかわかりませんが、

自分が進む道は全て正解であり、そこで挫折したのならそれも人生。

 

最後に臭いことを書いて終わろうと思います。

最後まで読んでくださった方はスター、コメント、読者登録よろしくお願いします!٩( 'ω' )و